プロフィール

新島啓司

キャッチコピー

英語・自然を愛するスタンド・バイ・ユー・メンタルコーチ

プロフィール

本名:新島啓司(にいじまけいじ)

55歳、男性。離婚、息子1人と父1人、猫3匹と住む。東京都八王子市在住。

小2から中1までオーストラリアに住み、現地校に通い、オーストラリアののんびりした文化にどっぷり浸るとともに、英語で夢を見るまでに英語力を取得。帰国後も英語の能力が消えないようにし、46歳の時点でTOEIC990点(満点)取得。

これまでの人生経験から、英語がしゃべれないという人の根底には喋りたい内容が明確でないという、自分自身の心の問題であると同時に、相手の文化や習慣をあまり知らないという、技術的な問題よりも心理的なコミュニケーションの問題が大きいと感じるようになり、このことを英語に悩む方々に伝えたいと考えている。

1989年より30年間、通算3社の環境系コンサルタントに勤務。自然保護や環境配慮、海外援助、風力発電などの多岐にわたる業務に携わる。国内外のいろいろな仕事にかかわり、国内38都道府県、海外はアジア・アフリカを中心に17カ国に出張。特に、インドネシアにて当時JICA初めての生物多様性保全のためのプロジェクトのジャワ島最大の熱帯雨林の国立公園管理計画作成のために2年間滞在。

自然環境の業務や海外援助を実施するに当たり、現場に足を運ぶことがいちばん大切であることが信念である。国内外の様々な種類の森林に入り、森の仕組み(森の種類、森の成り立ち、人と森の関係)について、一般の方々に伝えたいと考えている。

一方、会社でのパワハラやオーバーワークなどが原因でうつ気味になり、心療内科に通い、38歳の頃、気分変調性障害(慢性の軽症うつ病)と診断され、13年以上も抗うつ剤や抗不安剤を服用するも、アップダウンを繰り返しながらうつ症状は消えず。

51歳のとき、1ヶ月半の胆石性胆嚢炎による入院、母の入院・死が続いて、会社を休みがちになるも、その年の査定面接でこれらの諸事情が会社に考慮されなかったことがきっかけに、自分自身が「会社(組織)に所属すること」に向いていないと感じ、その4年後の子供の大学卒業とともに独立・起業することを決意。
起業塾「天職塾」に入塾し、三宅哲之氏のもとで自分軸を軸とした起業のあり方を学ぶ。

さらにメンタルサポート「真心」の林真路先生や増田江利子先生のもとで1年半、心理学やカウンセラー術を学び、「メンタルサポート相談所(真心)認定心理カウンセラー」取得。
2019年7月に予定通り独立。

これらの行動を通じて、自分の心に素直に、「自由になること」が自分の軸であることを知った途端に、うつ症状がすべて消える。

自分軸を知り、心の叫びを聞くことこそが人生をハッピーに生きる上でいかに重要であることを身を持って実感し、同じような苦しみのある方の人生を一人でも多くハッピーにすることが最終的な目標である。

趣味

乃木坂46、日向坂46、乗り鉄、DeNAベイスターズ、サッカー日本代表、映画で泣くこと、自然(特に森)の中にいること、ひとりカラオケ、新幹線・特急などの窓際席でビール飲みながら駅弁食べること、空港に行って飛行機や行き先案内をみること、空をみること、料理、人に教えること、Radiko(ラジオアプリ)を聴くこと。

取得資格

  • 工学修士
  • 実用英語検定1級
  • TOEIC 990点
  • 技術士 環境部門(環境保全計画)
  • 技術士 建設部門(建設環境)
  • メンタルサポート相談所(真心)認定心理カウンセラー
  • 普通自動車運転免許

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

新着ニュース

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP